/

小林陵侑・高梨沙羅がともに2冠 全日本ジャンプ

ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ最終日は24日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場でNHK杯を兼ねてラージヒル(ヒルサイズ=HS137メートル)が行われ、男子は小林陵侑(土屋ホーム)が141.5メートル、135メートルの合計296.0点で2年ぶり2度目の頂点に立ち、22日のノーマルヒルとの2冠を達成した。

佐藤幸椰が2位、小林潤志郎(ともに雪印メグミルク)が3位。49歳の葛西紀明(土屋ホーム)は22位で海外遠征メンバーから外れ、9大会連続の冬季五輪出場が絶望的となった。

ラージヒル初開催の女子は高梨沙羅(クラレ)が115メートル、129.5メートルの235.5点で、ノーマルヒルと合わせて2種目制覇。伊藤有希(土屋ホーム)が2位、小林諭果(CHINTAI)が3位で続いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン