/

タイトルホルダーV、5馬身差の完勝 競馬の菊花賞

第82回菊花賞(24日・阪神11R3000メートル芝18頭、G1)3歳クラシックレースの最終戦。4番人気のタイトルホルダー(横山武史騎乗)が3分4秒6で優勝、G1初勝利を飾った。1着賞金は1億2千万円。横山騎手はこのレース初勝利、栗田徹調教師はG1初勝利となった。

好スタートで先頭に立ったタイトルホルダーは2周目に入っても軽快に逃げた。最後の直線でも脚色は衰えず、追い込んだ3番人気のオーソクレースに5馬身差をつけて完勝した。さらに頭差の3着に6番人気の牝馬ディヴァインラヴが入った。1番人気のレッドジェネシスは13着に沈んだ。

払戻金は単勝が800円、枠連は②―⑧で1600円、馬連は③―⑱で2420円、馬単は③―⑱で5220円、3連複は③―⑪―⑱で1万4610円、3連単は③―⑱―⑪で7万9560円、ワイドは③―⑱が1050円、③―⑪が2590円、⑪―⑱が1410円だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン