/

競泳・萩野、現役引退を表明 リオ五輪金「やり切った」

2016年リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介(27)=ブリヂストン=が24日、東京都内で記者会見し「東京五輪が最後のレースと決めていた。すごく幸せ。悔いはありません。やり切ったという強い気持ちが僕の中にはある」と述べ、現役引退を正式に発表した。

右肘故障などの影響で近年は不振が続いた。苦境を乗り越えて迎えた東京五輪は200メートル個人メドレーで6位。「自分の弱い部分もさらけ出して、最終的に萩野公介はこういう人間だと泳ぎながら表現していた。自分の中ではすごくかっこいい競泳人生だった」と晴れやかだった。

来年からは大学院に進学し、スポーツ関連の勉強をする意向。環境問題などにも興味があるそうで「いろんなことにチャレンジして第二の人生、頑張っていきたい」と前向きに語った。

栃木・作新学院高3年だった12年に初出場したロンドン五輪で400メートル個人メドレー銅メダル。複数種目をこなす万能スイマーとしてリオ五輪は200メートル個人メドレーで銀、800メートルリレーで銅のメダルも手にした。

リオ五輪後にプロ転向してからは成績が振るわず、19年は一時休養。1年延期の東京五輪に出場したが、3大会連続の表彰台には届かなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン