/

世界陸上、国立競技場で可能 日本陸連がルール改正

2025年の世界陸上選手権開催を目指す日本陸連が、昨年の東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなった国立競技場で世界選手権をはじめとする国際大会などを実施できるようにルール改正していたことが23日、分かった。

日本陸連の独自ルールではこれまで、補助競技場(練習用サブトラック)を備えていなければ国際大会などを開催できる「第1種公認陸上競技場」と認められていなかった。国立競技場の補助競技場は東京五輪・パラリンピック後に撤去されたが、今回の改正で「五輪を開催した陸上競技場は、補助競技場を欠く場合であっても、第1種公認陸上競技場とすることができる」と変更された。

日本陸連は昨年、東京を候補に25年世界選手権の開催に名乗りを上げた。世界陸連のセバスチャン・コー会長からは国立競技場での実施希望を伝えられている。開催地は7月に決定する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン