/

元大関高安「内容良かった」 合同稽古、最終日に好調

大相撲初場所(来年1月9日初日・両国国技館)に向けた合同稽古最終日は23日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、元大関の幕内高安が22番取って19勝と好調だった。

馬力を生かして圧倒する場面が多く「内容が良かった」と納得の表情。番数を続けてこなしても動きが鈍らず、霧馬山や若隆景らに10連勝するなど豊富なスタミナを発揮した。後半2日間のみの参加だったが「実りある合同稽古だった」と充実感をにじませた。

今年2月に「力の源」という第1子が誕生。新型コロナウイルス禍で外出自粛期間となる年末年始は「できる範囲で気分転換して、毎日家族と過ごしたい。癒やされながら頑張りたい」と穏やかな口調で話した。

横綱、大関陣は4日間を通して全員不参加で、最終日は大関候補の関脇御嶽海も欠席。場所前に他の部屋の力士と稽古ができる唯一の機会だったものの、全体的に活気を欠いていた。監督責任者の花籠教習所長(元関脇太寿山)は稽古後に「見ての通りです」と話すにとどまった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン