/

リーチら先発 ラグビー日本代表、ウルグアイとの第2戦

日本ラグビー協会は23日、ウルグアイ代表とのテストマッチ第2戦(25日・ミクニワールドスタジアム北九州)に臨む日本代表登録メンバー23人を発表し、フランカーのリーチ(BL東京)やプロップ稲垣(埼玉)が先発入りした。司令塔のSOは3キャップの山沢(埼玉)が務める。

宮崎市で合宿してきた主力組で構成。フッカーは主将を務める坂手が先発し、2019年ワールドカップ(W杯)後に代表から離れていた36歳の堀江(ともに埼玉)は控えとなった。ジョセフ・ヘッドコーチはオンラインで記者会見し「経験のある選手が引っ張り、他の選手もいいプレーをしてほしい」と期待を込めた。

日本は主力組以外で臨んだ18日の第1戦で34-15と快勝した。対戦成績は通算3勝1敗。世界ランキングは日本が10位、ウルグアイは19位。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン