/

湘南が逆転勝ちで残留圏へ J1、仙台は最下位脱出

明治安田J1第33節第2日(23日・レモンガススタジアム平塚ほか=5試合)湘南は山田らのゴールで横浜FCに2-1で逆転勝ちし、勝ち点31でJ1残留圏の16位に浮上した。7試合ぶりの白星で、9月に就任した山口監督は初勝利。

仙台は関口の今季初ゴールなどで広島を2-0で破った。5試合ぶりの勝利で勝ち点26とし、同25の横浜FCをかわして最下位を脱した。徳島―大分は1-1で引き分け、勝ち点は徳島が30、大分が28。

鹿島はFC東京に2-1で競り勝ち、G大阪は1-0で鳥栖を破った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン