/

友野一希2位、三浦佳生は3位 四大陸フィギュア

フィギュアスケートの四大陸選手権最終日は23日、タリンで行われ、男子フリーでショートプログラム(SP)2位の友野一希(セントラルスポーツ)がフリーも2位の171.89点をマークし、自己ベストの合計268.99点で2位となった。車俊煥(韓国)が初優勝した。

SP3位で16歳の三浦佳生(東京・目黒日大高)がフリー3位の162.70点を出し、合計251.07点で3位に入った。SP5位の三宅星南(関大)はフリー4位の160.35点で、自己ベストの合計240.02点で4位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン