/

ラグビー日本代表、豪に敗れる テストマッチ

ラグビー日本代表は23日、秋シーズン最初のテストマッチとして昭和電工ドーム大分で世界ランキング3位のオーストラリア代表と対戦し、23-32で敗れた。対戦成績は6戦全敗となった。

日本は前半、20分すぎまでに2トライを許したが、26分にWTBレメキ(東葛)がトライを奪うなど反撃し、13-17で折り返した。後半はCTB中村(東京SG)がパスをインターセプトしてトライし、途中出場のSO田村(横浜)のPGで4点差に迫ったが届かなかった。

日本が国内でテストマッチを開催するのは2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来。今後は欧州に遠征してアイルランド、ポルトガル、スコットランドと対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン