/

池江璃花子が50自制す、100自に続き 競泳北島杯

競泳の北島康介杯最終日は23日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子50メートル自由形は池江璃花子(ルネサンス)が25秒20で制した。22日の女子100メートル自由形に続く優勝で「すごくいい仕上がり」と笑顔を見せた。

池江は午前の50メートル自由形予選をただ一人バタフライで泳ぎ、25秒91の全体2位で通過した。この日の100メートルバタフライを疲労の蓄積を理由に棄権したこともあって、自由形をバタフライで泳ぐ異例の決断をした。「抵抗はあったが、めったにできない経験なので。戦える位置にいるんだなと実感した」と語った。

女子200メートル個人メドレーは東京五輪で金メダルを獲得した大橋悠依(イトマン東進)が2分10秒65で、男子200メートル平泳ぎは佐藤翔馬(東京SC)が2分8秒80で勝った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン