/

侍J・栗山監督、代表選考幅広く 東京六大学野球を視察

日本代表の栗山監督が23日、神宮球場で東京六大学野球リーグを視察した。来年春に開催予定のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け「アマチュアも何も(関係)ない。能力のある人にメッセージを送る責任がある」と、代表選手の選考は幅広く行う考えを改めて示した。前日22日は関西学生野球春季リーグを視察した。

新型コロナウイルス禍により中止となった3月5、6日の台湾戦の日本代表にアマチュアから抜てきする予定だった立大の山田が、慶大戦で3安打を放った。「思った通りの打者。能力がある。(選考は)間違ってなかった」と目を細めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン