/

この記事は会員限定です

洗える避難所ベッド、強みは「航空機発想」の安全性

防災ビジネス最前線2

(更新) [有料会員限定]

「航空宇宙品質」。一風変わったうたい文句で防災ビジネス市場で脚光を浴びるのが、航空関連事業を手掛ける東明工業(愛知県知多市)だ。国産大型ロケット「H2A」製造にも携わる畑違いの会社がいま、市場に新風を吹き込む。

避難所の必需品3種を開発

「洗って使えるベッドです。通常のプラスチックに比べ石油由来樹脂の使用を半減できます」。同社ロジスティクス事業部部長、坂下純也は9月に本格発売した「eウォッシュシリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1911文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

防災ビジネス最前線

自然災害が多発する日本で防災ビジネスが広がっている。東日本大震災の被災地では地震計や備蓄食品の国際標準をつくる取り組みが進む。企業は防災製品の開発を急ぎ、損害保険業界は新たな保険を模索する。日本の取り組みは「BOSAI」として海外でも注目を浴びる。防災ビジネスの最前線を追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン