/

バレンティン、日本復帰を断念 昨季ソフトバンク退団

昨季限りでソフトバンクを退団し、日本での現役続行を望んでいたウラディミール・バレンティン外野手(37)が23日、ツイッターで日本復帰を断念したことを明かした。「日本のファンに、日本球界からの引退をお知らせしたい。日本でプレーし、屈指のホームランバッターになる機会を与えてくれたヤクルトに感謝したい」とつづった。

2011年にヤクルトに入団し、13年にプロ野球シーズン最多記録の60本塁打を放つなど、本塁打王に3度輝いた。20年にソフトバンクに移籍後は2年間で13本塁打にとどまり、戦力構想を外れて退団。通算成績は打率2割6分6厘、301本塁打、794打点だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン