/

大谷、降板後もDH出場可へ 大リーグが新ルールで合意

【メサ(米アリゾナ州)=共同】米大リーグで投打の「二刀流」として活躍するエンゼルスの大谷の打席が増えるルールが導入されることになった。機構(MLB)と選手会が、今季から打順に入った先発投手が、降板後も指名打者(DH)として出場を続けられることで合意したと22日、AP通信が報じた。

昨夏のオールスター戦でも、大谷が投打同時で先発出場するために同様の特別ルールが適用されていた。今季は両リーグでDH制となることが既に決まっている。

他にも延長戦を無死二塁から始めるタイブレーク制、5月1日まではベンチ入りメンバーが通常の26人から28人に拡張されることで合意した。来週行われる30球団のオーナーによる投票を経て正式に決まる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン