/

ソフトバンク明石健志、今季で引退 19年目の36歳内野手

(更新)

ソフトバンクは23日、明石健志内野手(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。プロ19年目の今季は21試合出場、打率1割3分8厘にとどまっていた。ペイペイドームで記者会見し「ホークスで野球をして、引退できたことが一番誇れる」と笑顔で胸を張った。

北海道出身の明石は2004年に山梨学院大付高(現山梨学院高)から、ドラフト4巡目で前身のダイエーに入団。17年に国内フリーエージェント(FA)権を取得したが、行使せず残留した。

19年4月25日のオリックス戦では、プロ初のサヨナラ本塁打を放ち、バック宙をしてのホームインでファンに鮮烈な印象を残した。一方、持病の腰痛に苦しんだ。通算成績は1007試合に出場し、打率2割5分2厘、17本塁打、213打点。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン