/

高安が秋場所休場 照ノ富士戦で臀部負傷、負け越し決定

(更新)

大相撲の東小結、高安(31)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が秋場所12日目の23日、日本相撲協会に「右大臀筋筋挫傷疑いにより約2週間の安静加療が必要となる見込み」との診断書を提出して休場した。8敗目で負け越しが決定し、三役からの転落が決定的となった。

休場した高安(左)。11日目の照ノ富士との対戦で土俵下へ転落後しばらく立ち上がれなかった(両国国技館)=共同

7敗目を喫した11日目の横綱照ノ富士戦で臀部を痛めた。土俵下へ転落後にしばらく立ち上がれなかった。休場は2場所連続10度目。12日目の対戦相手、玉鷲は不戦勝。

今場所の十両以上の休場者は、新型コロナウイルス感染者が出て全休措置が取られた横綱白鵬ら宮城野部屋勢を含め、12人(再出場を含む)となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン