/

五輪銀の梶原、連覇ならず 世界自転車オムニアム

【ルーベ(フランス北部)=共同】自転車トラック種目の世界選手権第3日は22日、フランス北部ルーベで行われ、女子オムニアムで2連覇を狙った東京五輪銀メダルの梶原悠未(筑波大大学院)は15位に終わった。

梶原は最初の種目スクラッチで12着と出遅れ、テンポレース22着、エリミネーション20着と順位を上げられなかった。総合21位で迎えたポイントレースで24得点したが、合計45点にとどまった。

男子1000メートルタイムトライアル決勝の小原佑太(日本競輪選手会)は1分1秒385で8位だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン