/

緒方良行・楢崎智亜ら準決勝へ クライミングW杯最終戦

【インスブルック=共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は22日、インスブルックでボルダリング最終第6戦の予選が行われ、男子は今季のランキングで首位に立つ緒方良行(B-PUMP)が5課題全てを完登し、23日の準決勝に進出した。ランキング2位につける楢崎智亜や3位の藤井快(ともにTEAM au)、川又玲瑛(日大)らも4完登し、予選を突破した。

女子は5完登した伊藤ふたば(TEAM au)、野中生萌らが24日の準決勝に進んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン