/

幕内英乃海と新十両紫雷、違法賭博関与か 初場所休場

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は22日、ともに木瀬部屋所属の幕内英乃海(32)=本名岩崎拓也、東京都出身=と、初場所新十両の紫雷(29)=本名芝匠、東京都出身=に違法賭博関与の疑いがあると明らかにした。師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)の判断により、両力士は初場所(来年1月9日初日・両国国技館)の休場が決まった。

2人の関与への認否も含め、詳細は相撲協会が調査中だという。芝田山部長は「どういう内容なのか、まだ分かっていない。休場させるという決断に至ったことは、非常に残念であり遺憾だ」と語った。協会は新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」を警戒し、感染防止徹底を求める通達を1日に各部屋へ出している。

不祥事などの調査に当たる協会のコンプライアンス委員会による調査開始時期は未定。芝田山部長は「この2人だけの調査なのかは全く分からない」と述べた。

両力士は木瀬親方と同じく日本大学相撲部出身。英乃海は2015年名古屋場所新入幕で幕内在位11場所。11月の九州場所は西前頭9枚目で8勝7敗だった。紫雷は新十両昇進を機に、しこ名を本名の芝から改名した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン