/

ボクシング井上尚弥、12月14日に防衛戦 IBF6位タイ選手と

国際ボクシング連盟(IBF)は22日までにタイトル戦の日程を更新し、IBF、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級統一王者の井上尚弥(28)=大橋=が12月14日に東京でIBF同級6位のアラン・ディパエン(タイ)を相手に防衛戦を行うと発表した。

所属ジムの大橋秀行会長は、次戦が12月に国内で行われる見通しであることを明かしていた。21戦全勝(18KO)の井上尚が日本で試合に臨むのは、2019年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝でノニト・ドネア(フィリピン)との激闘を判定で制して以来となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン