/

フィギュア坂本、3回転半に挑戦へ フリーは新演目で

フィギュアスケート女子でシスメックスに所属する坂本花織と三原舞依が22日、オンラインでインタビューに応じ、2018年平昌冬季五輪代表の坂本は北京五輪シーズンのフリーを海外ドキュメンタリー映画の音楽となる新たな演目で臨む意向を明らかにした。

オンラインで取材に応じるフィギュアスケート女子の坂本花織(22日)=共同

ブノワ・リショー氏が振り付けを手掛けたが、高難度の内容だったこともあり、8月の大会では別の演目を使用していた。高得点を狙うために決断したそうで「女性の強さを引き出している映画。それを表現できたらいい」と話した。

関係者によると、実戦で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にも挑む計画という。「もちろん五輪に出場したいし、出る限りは(6位だった)平昌五輪以上の成績を残したい気持ちでいっぱい」と意気込みを口にした。

17年四大陸選手権女王の三原は体調不良による長期休養から復帰して2季目となる。「一番の目標は五輪に出ること。プログラムを全体的に力強く見えるようにし、ジャンプの質を上げることを意識して練習している」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン