/

高橋大輔組や宇野昌磨ら調整 世界フィギュア23日開幕

(更新)

【モンペリエ(フランス)=共同】フィギュアスケートの世界選手権は23日、フランスのモンペリエで開幕する。22日の公式練習で日本勢はアイスダンスの村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が本番会場で初めて滑った。高橋は男子6位だった2013年大会以来9年ぶりの出場。

女子で北京冬季五輪銅メダルの坂本花織(シスメックス)や樋口新葉(明大)河辺愛菜(木下アカデミー)も本番会場で練習した。

男子で北京五輪銅メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)や友野一希(セントラルスポーツ)も練習会場で調整。宇野はフリップを含む数種類の4回転ジャンプを決め、補欠から繰り上がった友野も軽快な動きだった。五輪銀メダルの鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)は4回転ループに苦戦した。

26日までの4日間で争われ、23日に女子とペアのショートプログラム(SP)を実施する。強豪ロシアがウクライナ侵攻のために国際大会から除外され、2月の北京五輪の疲労や新型コロナウイルス禍で有力選手の欠場も相次いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン