/

プロ野球、濃厚接触疑いは5日間隔離 コロナ対策確認

プロ野球は25日にセ、パ両リーグが同時開幕する。日本野球機構(NPB)と12球団は22日、臨時の代表者会議をオンラインで開き、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触が疑われる選手、関係者の隔離期間を5日間と決めた。感染者の発症から48時間前までさかのぼり、接触の有無を判定する。

まん延防止等重点措置が21日で全面解除された。政府は職場での濃厚接触者の特定を義務としないことにしたが、プロ野球界の自主的な感染対策として、濃厚接触の疑いを判定する作業を継続することを決めた。

代表者会議に先立って行われたサッカーJリーグとの「新型コロナウイルス対策連絡会議」後のオンライン記者会見で、斉藤惇コミッショナーは「(入場)制限なしでお客さんを迎えることができる。しっかり準備して開催したい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン