/

元大関高安、復活へ意欲 合同稽古「ポジティブに」

大相撲初場所(来年1月9日初日・両国国技館)に向けた合同稽古第3日は22日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、この日から参加した元大関の幕内高安が17番取って復活への意欲をにじませた。

高安はモンゴル出身の霧馬山や豊昇龍など成長株らと申し合い。突き、押しで攻めるなど11勝6敗とし「(相手が)生きのいい、若々しい相撲。自分もポジティブに相撲を取れた」と心地よさそうだった。

今年は2月に第1子の長女が誕生し、8月には兄弟子の荒磯親方(元横綱稀勢の里)が独立。「変化が大きい1年だった」と実感を込める。

春、夏場所は三役で連続2桁勝利を挙げるなど前半は好調だったが、後半3場所は全て負け越した。稽古相手の荒磯親方がいなくなった影響は「少なからずある」としつつ「自分で頭を使って取り組んでいくという意味では勉強になる」と話す。2月に32歳となる来年に向け「毎場所、千秋楽まで優勝争いに加わりたい」と気合を入れた。

合同稽古は23日が最終日。霧馬山と豊昇龍は3日続けて20番以上と精力的だったが、関脇御嶽海は4番にとどまった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン