/

この記事は会員限定です

歌舞伎座、コロナ禍の革新 Amazonで公演配信も

(更新) [有料会員限定]

銀座を代表するランドマーク、歌舞伎座。その130年以上の歴史は、苦難の連続でもある。戦火などで2度焼失した。戦時中は閉鎖されてもいる。その度に復興を果たした。2013年に開業した現在の歌舞伎座の建物は、「5代目」にあたる。そして新型コロナウイルスの感染拡大。8日には東京都に4回目の緊急事態宣言が発令されることが決まった。歌舞伎座は、再び苦しい時期を迎えている。

6月、松竹の歌舞伎座支配人、千田学(53...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

銀座 不屈の一番街

世界を代表する高級ブランドや名店がずらりと並ぶ銀座。この街にも、新型コロナウイルスの感染拡大の影響は直撃した。むしろ、最も大きな影響を受けた街と言えるかもしれない。海外からの旅行客でにぎわったインバウンド需要が消え、買い物客は激減した。「銀座は不要不急の街なのか」。銀座の人々は自分たちの存在意義を問い直しながら、誇りを胸に動き始めた。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン