/

この記事は会員限定です

ユニクロ、銀座発の世界戦略 本気と覚悟を問う街

銀座 不屈の一番街(3)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

3度目の緊急事態宣言が明けて間もない6月22日午後。銀座にあるユニクロの旗艦店「UNIQLO TOKYO」は買い物客でにぎわっていた。恒例のキャンペーン期間「感謝祭」のまっただ中。入り口には、銀座の老舗和菓子屋「木挽町よしや」とコラボしたTシャツなど地元企業と組んだ商品が並ぶ。

大きな「誤算」に不安

店長の工藤隆治(45)は1年前を思い出す。2020年6月19日朝、大粒の雨が降りしきる中で同店は開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

銀座 不屈の一番街

世界を代表する高級ブランドや名店がずらりと並ぶ銀座。この街にも、新型コロナウイルスの感染拡大の影響は直撃した。むしろ、最も大きな影響を受けた街と言えるかもしれない。海外からの旅行客でにぎわったインバウンド需要が消え、買い物客は激減した。「銀座は不要不急の街なのか」。銀座の人々は自分たちの存在意義を問い直しながら、誇りを胸に動き始めた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン