/

三原舞依、自己ベストで2度目V 四大陸フィギュア

フィギュアスケートの四大陸選手権第3日は22日、タリンで行われ、女子は三原舞依(シスメックス)がショートプログラム(SP)に続いてフリーもトップの145.41点をマークし、自己ベストの合計218.03点で2017年大会以来2度目の優勝を果たした。

SP8位の松生理乃(愛知・中京大中京高)がフリー3位の142.05点と巻き返し、自己ベストの合計202.21点で5位。SP12位の横井ゆは菜(中京大)がフリー6位の131.41点を出し、合計185.34点で7位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン