/

ルマン24時間、トヨタ4連覇 小林可夢偉は初V

【ルマン(フランス)=共同】伝統の自動車耐久レース、第89回ルマン24時間は22日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキット(1周13.626キロ)でゴールを迎え、トヨタは小林可夢偉らの7号車が優勝し、4連覇を達成した。小林はルマン初制覇、日本人4人目の優勝ドライバーとなった。レースの最多連覇はポルシェが1980年代に記録した7連覇。

昨年まで3連覇した中嶋一貴らの8号車が2位に入り、トヨタは2年ぶりのワンツーフィニッシュとなった。

小林が予選でポールポジション(PP)を獲得した7号車は首位を快走。安定した走行で栄冠をつかんだ。レースは今季の世界耐久選手権(WEC)シリーズの第4戦。6月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン