/

隆の勝と大栄翔が殊勲賞、敢闘賞は佐田の海 夏場所

大相撲夏場所千秋楽の22日、三賞選考委員会が開かれ、殊勲賞は西前頭4枚目で1横綱2大関を破って11勝4敗の隆の勝が初受賞した。三賞は3度目。初日に横綱照ノ富士を倒して11勝4敗の小結大栄翔は5度目の獲得となった。

西前頭12枚目で優勝争いに加わり、11勝を挙げた35歳の佐田の海は2度目の敢闘賞。新入幕だった2014年夏場所以来で、46場所の受賞間隔は出島の47場所に次いで5番目の長さとなった。技能賞は一昨年秋場所以来の該当者なし。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン