/

大谷・菊池選手にスポーツ学会大賞 花巻東佐々木監督も

日本スポーツ学会は2021年度の大賞に米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手、マリナーズからフリーエージェント(FA)となった菊池雄星投手と、2人の恩師である岩手・花巻東高の佐々木洋監督を選出し、22日に東京都世田谷区の国士舘大で授賞式を行った。

両選手の授賞理由は、新型コロナウイルス禍で苦しむ人々を素晴らしいプレーで魅了したこと。人材育成が評価された佐々木監督は式に出席し「3人で、というのは感慨深い。こんなに幸せな指導者はいない」と話した。

VTR参加だった大谷は「先輩の菊池さんと佐々木監督と一緒に受賞できて大変うれしい」と話し、菊池は「夢に向かって決して諦めることなく、常に挑戦する日々を送っていきたい」と気持ちを新たにした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン