/

八村11得点、渡辺は無得点 NBAで2年ぶり日本人対決

【ワシントン=共同】米プロバスケットボールNBAは21日、各地で行われ、八村塁のウィザーズは本拠地ワシントンで渡辺雄太のラプターズに105-109で敗れた。ともに途中出場で今季初の日本人対決が実現し、八村は今季最長の19分50秒プレーして11得点、今季最多の8リバウンド。渡辺は5分47秒で無得点、2リバウンドだった。

ラプターズは22勝21敗とし、ウィザーズは23勝23敗。日本人対決は2020年2月以来、3度目だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン