/

エムバペがパリSG残留 仏代表FW、レアル移籍せず

【パリ=共同】サッカーのフランス1部リーグのパリ・サンジェルマンは21日、同国代表FWエムバペ(23)との契約を2025年6月まで更新したと発表した。今季限りで契約が満了となり、レアル・マドリード(スペイン)への移籍がうわさされていたエムバペは「このクラブで成長し続けられると確信している」とコメントした。

現地メディアによると、推定年俸4千万ユーロ(約54億円)などの条件で合意した。発表後に行われた今季最終節のメッス戦で3得点し、通算28ゴールとして4季連続リーグ得点王に輝いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン