/

センバツ、選考透明化へ改革案 高野連が協議へ

日本高野連は21日、大阪市内で第1回センバツ改革検討委員会を開き、9月開催予定の第95回選抜高校野球記念大会第1回運営委員会までに、選考過程の透明化などの改革案をまとめることを決めた。今後、出場校発表の方法や、選考方法について協議していく。

今春の選抜大会における東海地区出場校(2校)では、昨秋の東海大会で準優勝した聖隷クリストファー(静岡)が選考から漏れ、4強入りの大垣日大(岐阜)が選抜されたため、全国的な議論を呼んだ。

選抜大会が100年の節目を迎える2024年の第96回大会に向け、各地区に割り当てられる出場校数の再検討も行っていく。

コンプライアンス(法令順守)に関わる専門家など、外部有識者をアドバイザーとして招くことも決めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン