/

クライミングW杯複合、楢崎智亜V 日本勢が表彰台独占

スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)複合盛岡大会第2日は21日、岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場で行われ、男子決勝で東京五輪代表の楢崎智亜(TEAM au)が合計156.4点で優勝した。緒方良行(B-PUMP)が2位、藤井快(TEAM au)が3位に入り、日本勢が表彰台を独占した。

楢崎智は準決勝を首位で通過。決勝はボルダリングをトップと0.4点差の2位で終え、続くリードも緒方に次ぐ2位でまとめた。本間大晴(明治安田生命)は6位、川又玲瑛(B-PUMP)は7位だった。

女子準決勝は森秋彩(茨城県連盟)が予選に続き首位で通過。東京五輪銀メダルの野中生萌、谷井菜月(明治安田生命)伊藤ふたば(TEAM au)も残った。女子決勝は22日に実施される。〔共同〕

スポーツトップ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません