/

21日のプロ野球 結果と戦評

【広島11-7ヤクルト】広島が打ち勝った。3-6の七回無死一、二塁で宇草の中前打を塩見が後逸して一挙同点。さらに坂倉、菊池涼の適時打などで畳み掛けこの回計7点を奪った。コルニエルが2回無失点で来日初勝利。ヤクルトはミスで流れを手放した。

【ソフトバンク2-2日本ハム】日本ハムが土壇場で引き分けに持ち込んだ。0-2の九回2死一、二塁から杉谷の2点二塁打で追い付いた。ソフトバンクは七回に甲斐の2ランで先制。先発のマルティネスが8回無失点と好投したが、九回に森が打たれた。

【阪神6-1中日】阪神が快勝した。高橋は8回1安打無失点で4勝目をマーク。無四球で、9三振を奪った。打線は二回に島田の2点二塁打などで3得点。七回はロハスの適時二塁打などで加点した。中日は打線が1点に抑え込まれた。

【オリックス3-2西武】オリックスが逃げ切った。四回に山野辺の落球に乗じて2点を先制し、五回は宗がソロ本塁打。宮城は低めに球を集めて5回2/3をブランドンのソロによる1失点で13勝目を挙げた。西武は今井が粘ったものの打線がつながりを欠いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン