/

大野将平「柔道人生ぶつける」 全日本選手権で復帰

昨夏の東京五輪柔道男子73キロ級で2連覇を果たした大野将平(旭化成)が21日、拠点とする奈良県天理市の天理大で報道陣に練習を公開した。五輪後の復帰戦となる全日本選手権(29日・日本武道館)に向け「今までの柔道人生で培ったものをぶつけたい」と抱負を語った。

全日本選手権は体重無差別で争い、柔道日本一を決める伝統の大会。この日は100キロ超級の選手との乱取りで得意の内股や大外刈りを果敢に繰り出した。3月に首などを痛め、4月上旬の全日本選抜体重別選手権を欠場。現在も状態は万全ではなく、中量級の選手が勝つ難しさも分かっているが「重量級に対しても真っ向勝負しか頭にない」と熱っぽく話した。

2月で30歳となり「今は明日のことしか見えていない。まずは明日を乗り越えたい」という。3連覇が懸かる2年後のパリ五輪への挑戦については「一日一日という生き方が今の自分らしい。その結果、パリまでたどり着けたら幸せ」と考えを示した。全日本選手権に東京五輪代表は推薦枠で参加でき、大野は2014、17年に続く3度目の出場となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン