/

サッカー日本代表候補、流通経大に7-0 上田が3得点

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選に備えた日本代表の候補合宿は21日、最終日に千葉市内で流通経大との練習試合を行い、上田(鹿島)の3得点などで7-0で勝った。国内候補選手で編成したチームは解散し、22日に海外組を加えた最終予選のメンバーを発表する。

前半は主力が多く出場し、早々に右CKから大迫(神戸)が先制。相馬(名古屋)武藤(神戸)が加点して折り返した。後半は上田がPKなどでゴールを重ね、渡辺(横浜M)も決めた。

B組2位の日本は27日に中国、2月1日にはサウジアラビアを埼玉スタジアムに迎える。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン