/

スピード小平「今の自分確かめる」 22日から国内開幕戦

来年2月に北京冬季五輪を控えるスピードスケートの国内開幕戦、全日本距離別選手権は22日から長野市エムウェーブで行われる。21日は出場選手が会場で調整し、女子500メートルで前回平昌五輪覇者の小平奈緒(相沢病院)は「集中して、まずは自分が今持っているものを確かめたい」と抱負を語った。

先週末の記録会では37秒台後半と上々の仕上がり。22日の500メートルへ「体の準備が徐々にでき、それより速いタイムで滑れるのでは」と自信をのぞかせた。

女子の高木美帆(日体大職)は世界記録を持つ1500メートルなど複数種目で金メダルを期待される。「五輪シーズンがとうとう幕を開ける。やってきたことをレースにぶつけ、勢いよく攻めていきたい」と意気込んだ。男子短距離のエース、新浜立也(高崎健康福祉大職)は「最善を尽くし、少しでも良い状態で臨みたい」と話した。

今大会の結果で、五輪の出場枠が懸かる年内のワールドカップ(W杯)4戦の代表が決まる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン