/

合同稽古、霧馬山と豊昇龍が連日熱戦 御嶽海は7番

大相撲初場所(来年1月9日初日・両国国技館)に向けた合同稽古第2日は21日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、小結霧馬山と平幕豊昇龍が2日続けて20番以上をこなし、精力的に汗を流した。横綱、大関陣はこの日も不参加。大関候補の関脇御嶽海は7番にとどまった。

モンゴル出身のホープ同士が激しく火花を散らした。25歳の霧馬山が15勝8敗と力を見せると、22歳の豊昇龍は2番多い25番。直接対決は3勝3敗と互角の勝負で、豊昇龍は「気持ちよく稽古できて良かった」と叔父の元横綱朝青龍そっくりな笑顔を見せた。

霧馬山は消極的な御嶽海を自ら指名する熱の入れようだった。「初対戦から3連勝したけれど、最近負けているので。自分の形になれず、いい相撲を取れていない」と研究熱心さをのぞかせた。

参加した関取衆が20日は11人、21日は12人と盛り上がりに欠ける中、両者の気迫は際立っている。豊昇龍が「あと2日もしっかりとやっていく」と語れば、霧馬山は「まだまだ取りたい。40番くらい」と貪欲に言った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン