/

センバツ、開会式6校で実施 3月4日に組み合わせ抽選会

日本高野連は21日、第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕・甲子園)の臨時運営委員会をオンラインで開き、新型コロナウイルス感染状況の見通しが立たないことから、前回大会に続き、開会式は大会第1日に試合を行う6校のみで実施すると発表した。具体的な式次第や応援方法などについては3月の運営委で決定する。

3月4日にオンラインで出場32校の主将による組み合わせ抽選会が行われ、同一都府県から出場する6都府県12校は決勝まで対戦しないように振り分ける。選手宣誓は大会第1日に出場する3試合6校の主将がくじを引いて決める。

甲子園球場がある兵庫県では6日まで、まん延防止等重点措置が適用されているため、1日の入場者数の上限を2万人として、当面は18日から23日までの6日分の前売り入場券を販売。同措置が解除された場合は、兵庫県の方針に応じて、追加販売などで対応する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン