/

ラグビー、マッケンジー「日本合う」 東京SG加入会見

来年1月に開幕するラグビーの新リーグ、リーグワンの東京SG(旧サントリー)に加入したニュージーランド(NZ)代表バックスのダミアン・マッケンジー(26)が21日、東京都調布市の味の素スタジアムで記者会見し「日本の速い展開のラグビーは合うと確信していた。目標は初代王者」と抱負を述べた。

SOとFBでプレーし、現役のNZ代表として40キャップを持つ。身長177センチと比較的小柄ながらも、軽やかな身のこなしとスピードが武器で「フィールドのどこからでも果敢に攻撃できるところを見せたい」と自分の強みをアピールした。

チームによると、契約は今季終了までの1シーズン。昨季サントリーでプレーしたボーデン・バレットに続くNZ代表の大物加入に、田中澄憲ゼネラルマネジャーは「一流の選手が入り、ファンに見に来たいと思ってもらうことは大事」と期待を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン