/

この記事は会員限定です

店に100回通っても買えない これがロレックスマラソン

ロレックスに走る人びと①

(更新) [有料会員限定]

「ロレックスマラソン」という言葉をご存じだろうか。

記者(25)がそれを知ったのは、2020年夏だった。東京・銀座の並木通りを歩いていると人だかりが。皆、ロレックスの正規販売店に集まっている。特別なイベントをしているわけでもない。店から出てきた男性が「(人気モデルの)デイトナが欲しくて在庫を確認しに来ました。都内の店舗に半年近く通っています」と教えてくれた。

腕時計を買うのに半年? ツイッターで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ロレックスに走る人びと

「ロレックスマラソン」という言葉をご存じだろうか。腕時計ブランドとして断然の人気を誇るロレックス。そのめったに入荷されない人気モデルを購入するため、正規販売店に何十回、何百回と通い詰めることを表現した言葉だ。なぜ愛好家たちは見えないゴールへ走り続けるのか。ロレックスを通じて消費の不思議に迫る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン