/

この記事は会員限定です

ミニカーの群れで月面探査 脱サラ技術者の挑戦

 

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

直径10センチメートルの2つの車輪にはさまれた大ぶりのカメラ。リモコン操作で砂地を自由自在に動き回り、展示会では子供たちの行列ができる。一見、おもちゃのようだが、脱サラしたロボットクリエーターが開発したれっきとした月面探査車だ。この秋、米航空宇宙局(NASA)のミッションに相乗りして、民間初の月面探査を目指す。

震災で独立「社会に役立つことを」

2011年3月11日、ダイモン(東京・大田)社長の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日の丸 月へ行く

アポロ11号のアームストロング船長らが星条旗を立てた日から50年あまり。今、世界の目が再び月に向いている。米国は再び宇宙飛行士を送る計画を推進し、中国はロシアと基地建設で協力する。日本も負けてはいられない。日の丸が月面に輝く日を目指す開拓者たちの姿を追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン