/

チリのテコンドー選手、コロナ陽性で五輪棄権

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、選手村の外にいる海外の選手1人を含め、大会関連で新たに8人の関係者が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。組織委関係者は選手1人が、チリのテコンドー選手だと認めた。既に隔離施設に入っているという。チリ・オリンピック委員会は同日、テコンドー女子のフェルナンダ・アギーレが、10日間以上の隔離を強いられるため五輪を棄権すると発表した。コロナによる棄権が判明するのは初。

組織委はこの選手の試合出場可否について、共同通信の取材に対し「国際競技連盟や国際オリンピック委員会(IOC)などに確認する必要がある」との見解を示した。

組織委は既に陽性と公表されているチェコのビーチバレー男子選手に関連し、新たに選手村に滞在するチーム関係者1人が陽性と確認され、12人が濃厚接触者と判定されたことも発表。濃厚接触と判定された12人の所属や内訳は不明。

新たに陽性となった8人のうち、チリのテコンドー選手、チェコのビーチバレー関係者を除くほかの6人は、全員が国内の業務委託スタッフだった。

事前合宿で来日した選手らを除く大会関連の陽性者は、1日以降計75人となった。事前合宿では1日以降、4人が陽性と確認されており、これを含めると計79人になる。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン