/

橋本大輝、個人総合など4冠 東日本学生体操

体操男子で世界選手権(10~11月・英リバプール)代表の橋本大輝(順大)が21日、群馬県の高崎アリーナで行われた東日本学生選手権に出場し、6種目合計86.500点で初制覇した個人総合や、順大の優勝に貢献した団体総合など4冠に輝いた。つり輪以外で完成度の高い演技をそろえ、種目別では14.800点の平行棒と、15.000点の鉄棒を制した。

今月15日のNHK杯で3位に入り、世界選手権の初代表に決まった土井陵輔(日体大)は得意の床運動で着地が乱れて得点を伸ばせず、個人総合で83.450点の3位。日体大は団体総合2位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン