/

桃田主将「取り組む姿勢で示す」 バド代表が遠征出発

バドミントンの日本代表が21日、男女混合の団体で争う国・地域別対抗戦、スディルマン杯(26日開幕・フィンランド)への出発前に羽田空港で取材に応じ、主将に指名された男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は「言葉ではあまりうまく伝えられないので、取り組む姿勢で示していく。みんなに頼りながら、一人一人自覚を持ってやっていけたら」と意気込んだ。

遠征出発前に取材に応じるバドミントン男子の桃田賢斗(21日、羽田空港)=共同

桃田は1次リーグで敗退した東京五輪後、初の実戦。気持ちが空回りした苦い経験を糧に「張り詰めすぎず、柔軟に対応できるメンタルでいられたら」と言う。3年後のパリ五輪については「出られるなら出たいけど、まだそこは見てないというか、積み重ねの先にあればいい」と述べた。

日本は2年前のスディルマン杯で準優勝。副主将で女子シングルスの高橋沙也加(日本ユニシス)は「優勝を目標に頑張りたい」と初の頂点を見据えた。

スディルマン杯に続いて団体戦の男子トマス杯と女子ユーバー杯がデンマークで開催される。主力ペアの一部選手をけがで欠く女子ダブルスについて朴柱奉ヘッドコーチは「ユーバー杯は福島選手が合流し、松本選手と組めばけっこう強いペアができる」と臨機応変に対応していく構えを見せた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン