/

冨田せな・平野流佳が優勝 スノボ全日本ハーフパイプ

スノーボードの全日本選手権ハーフパイプは21日、青森県鰺ケ沢町の青森スプリング・スキーリゾートで決勝が行われ、男女とも北京冬季五輪代表が表彰台を独占した。女子は五輪銅メダルの冨田せな(アルビレックス新潟)が92.00点で2大会ぶり3度目の優勝を果たし、妹の冨田るき(チームJWSC)が82.50点で2位、前回覇者の今井胡桃(プリオHD)が3位だった。

男子は平野流佳(太成学院大)が91.00点で初優勝した。連覇を狙った戸塚優斗(ヨネックス)が90.00点の2位で、平野海祝(日大)が3位。五輪金メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)は出場しなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン