/

巨人・亀井、今季限りで引退 09年WBC代表

巨人は21日、プロ17年目の亀井善行外野手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。17年目の今季は91試合の出場で打率2割1分6厘。今月12日の阪神戦での死球の影響で13日に出場選手登録を外れている。

亀井は大阪・上宮太子高から中大を経て2005年にドラフト4巡目で巨人に入団。09年にゴールデングラブ賞を獲得するなどリーグ3連覇と日本一に貢献し、日本シリーズでは優秀選手に選ばれた。その後は代打としても活躍。19年にはレギュラーとしてチームの5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

日本代表では09年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場した。通算1412試合に出場して打率2割5分7厘、101本塁打、462打点。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン