/

楢崎智亜が予選首位通過 世界クライミング

スポーツクライミングの世界選手権第5日は20日、モスクワで到達した高さを競うリードの予選が行われ、男子は楢崎智亜がトップとなり、藤井快(以上TEAM au)緒方良行(ホリプロ)吉田智音(奈良・青翔高)高田知尭(鳥取県協会)とともに上位26人による準決勝に進んだ。

女子は阿部桃子(相模女大)中川瑠(大阪・金蘭会高)谷井菜月(奈良・橿原学院高)が突破。小池はな(埼玉・川口市立高)は敗退し、伊藤ふたば(TEAM au)は棄権した。

最終日の21日に準決勝と決勝が行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン