/

W杯隔年開催案、12月に討議 FIFA会長「合意得たい」

【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は20日、オンライン形式で理事会を開き、ワールドカップ(W杯)を2年に1度開催する案について討議する会合を12月20日に開くことを決めた。インファンティノ会長は「実現可能性を検証してコンセンサスを得たい」と述べたが、加盟協会の投票で決議するかどうかは明言しなかった。

同会長はW杯の2022年カタール大会の組み合わせ抽選を来年4月1日にドーハで行う見通しを示した。大陸間プレーオフが終わり本大会出場全チームが出そろうより前となる。新型コロナウイルスの影響で日本が開催を断念した今年のクラブW杯は、年明け以降にアラブ首長国連邦(UAE)で実施する。次回総会は3月31日に決まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン